NO IMAGE

中学校における昼食のあり方検討、中学校給食

昨年度、横浜市は市立中学校の「昼食」についてのアンケートを12月13日〜22日まで実施しました。このアンケートは生徒、保護者・教職員から中学校の「お昼ごはん」に関する「実態」について伺う項目になっていました。

このアンケート調査をうけ、本年度の取組みとして6月25日(月)〜7月13日(金)まで「中学校における昼食のあり方検討」モデル実施対象校で配達(デリバリー)弁当方式で実際に昼食が購入・喫食されました。今週、青葉台中学校・矢向中学校・境木中学校で複数業者によって実施されましたが、当日会議等で視察できませんでしたので関内の控え室で写真のお弁当をいただきました。

特徴は、教育委員会の栄養士が栄養のバランスやカロリー計算をした定時制高校の給食弁当に準じた弁当で価格は480円です。

14人でいただきましたので、反応はそれぞれありましたが、今回のモデル調査を是非次に繋げていただきたいと思います。

中学校における給食は現在、全国の公立中学校の80%以上で実施されています。中学校給食については市議において世代間格差が顕著に現われる案件ですが、みんなの党横浜市会議員団は、団を挙げて推進してまいります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!