NO IMAGE

中学校給食視察・名古屋市スクールランチ

今年の1月からの神戸市・北九州市・相模原市に続き5月の8日9日と名古屋市と岡山市の中学校給食を視察してきました。

写真は当日、教育委員会の担当の方や校長先生と一緒にいただいた給食「パン・マーマレード・牛乳・ヒレカツ・ソース・ベジタブルソテー・ハムのドレッシング和え」です。

 

名古屋市立沢上中学校で「スクールランチ」の説明とお食事をさせてもらいました。

名古屋市は中学校給食を「中学校スクールランチ」と称し、導入にいたっては21世紀を展望した豊かな給食をイメージしていたそうです。

スクールランチの導入経緯としては平成元年に「豊かな中学校給食検討委員会」が設置され、平成5年7校でスクールランチが試行実施され、平成10年には、試行のため直営で設置された鳴海中学校を除く全ての学校でスクールランチを導入されました。

現在、スクールランチ実施校は109校になります。

導入にいたっては、先々代の市長の意思、選挙公約が大きく影響していたようです。

 

「中学校スクールランチ」とは、簡単に言えば、選択式の中学校給食方式と言えると思います。今年1月に視察した相模原市の給食方式と違い温かい給食を食べれるような工夫があります。

選択式の給食ですので、給食は必要な家庭が食券を予約購入する形になります。給食ですので保護者の負担は食材費のみで、平成24年度の保護者負担額は1食280円になります。(写真は串田団長)

実施にあたっては

①複数メニューからの選択

②食事にふさわしい場(ランチルーム)の確保

③弁当とスクールランチの併用

ということで各中学校とも②ランチルーム(150人前後の教室)が整備させています。私たちも沢上中学校のランチルームで給食をいただきました。

 

ランチルームで食事をするのは沢上中学校では3日に1度利用できる様です。ランチルームで食事をする時はA・Bのメニューから温かい給食を選択します。ランチルームで食事ができない学年は「ランチボックス」メニューC・Dから選択します。

名古屋市は伝統的に中学校では横浜市と同じくお弁当指導を基本としていましたので、弁当とスクールランチが併用できるこの形がとられたのだと思われます。

また平成22年には、名古屋市版「事業仕分け」で公費負担の軽減に向けた取組みも議論の遡上に挙がっていました。当日にその資料も説明いただけましたので、「スクールランチ」の理解を深めることができました。

また平成10年から完全実施をされた「スクールランチ」で教育を受けた、卒業生たちも既に名古屋市の中学校現場で教壇に立っているようで名古屋市では中学校給食が根付いているなと感じました。

岡山市の「センター方式」の中学校給食はまた稿を改めたいと思います。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件