NO IMAGE

放射能対応の経過。学校現場と教育委員会。

要望書

平成23年9月2日、第3回定例会で議案関連質問が各会派の代表議員から行われました。その中で各会派ともに質問・関心の1つは補正予算の中の放射線対策事業にあったと思われます。すでに新聞各社により学校現場の対応の記事が出ていますが、みんなの党横浜市会議員団もこの問題に第2回定例会後対応してきましたので、時系列でご報告します。

まず、7月26日に林市長あてにみんなの党市会議員団は「横浜市内放射能対応への緊急要望」を提出しました。緊急要望ですから速やかに対応していただきたい内容を5項目です。

そしてその回答が8月31日に会派に届きました。回答_110831

項目4に関する文書→平成23年8月30日横浜市教育委員会事務局給食830-2

われわれはこの項目4「学校給食において、弁当持参の選択肢について保護者への通達を徹底することを要望する」に関して少しでも前進できたと思い込んでいた矢先、9月2日山田教育長答弁他で8月30日付け文書の「弁当・水筒持参等のご希望については、各学校にご相談ください」という一文が、複数の小学校で削除されて、保護者に配布されたというがわかりました。大変残念な出来事であり、保護者にとっても重要な出来事だと考えられます。9月9日(金)10時よりにこども青少年・教育委員会の常任委員会が予定されていますので、削除した理由他、論点を整理したいと思います。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件