NO IMAGE

経済・港湾常任委員会

本日午前10時より、経済・港湾委員会が開催されました。経済局関係が報告3件、港湾局が市第23号議案と市第27号議案と請願第11号「みなとみらい21新港地区16街区における結婚式場の計画について」の採決と3件の報告事項がありました。

 

 

港湾局に関わる請願として、請願第11号「みなとみらい21新港地区16街区における結婚式場の計画について」についてご報告します。

 

 

この請願の趣旨は「1、事業内容の決定プロセスを公開すること」と「2、横浜市都市美対策審議会の答申を十分尊重して、景観誘導を行うこと」であります。私からは、都市美審が不調に終わった今、何をもって合意と言えるのかを局長に尋ねました。局長曰く事務的に照らし合わせ修正項目をクリアして行く答えでありました。また、都市整備局とも連携して問題解決を図っているとの事でしたが、平野委員が局と事前打ち合わせの際とは全く違うニュアンスの答えでありました。しっかりとゴールを決めて問題解決を図っていただきたいと思います。

 

 

また、平成22年11月26日「第8回資産活用推進会議」の審査結果、条件付きの原案了承であること、つまり「全て」景観協議の協議事項が整うことを貸し付けの条件であることを改めて、確認させていただきました。

 

 

平野委員からも、土地の貸し付けに関しては、まだ契約が完了していないこと等も確認させていただきました。

 

 

本請願に関しては、請願者の「景観協議を十分尽くして欲しい」との思いは至極もっともな主張だと思います。6月21日に本請願の採決を取られますが、そもそも横浜市の景観条例のシステムに関して本請願の趣旨に沿うような市長の「総合的な判断」を私は願います。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件