NO IMAGE

24年度予算編成における要望事項を林市長に提出


第3回定例会最終日となる10月28日の本会議終了後、

みんなの党市会議員団として
「平成24年度予算編成における要望事項」
〜活力あふれる「新たな横浜の元気づくり」に向けて〜
を林文子市長に提出しました。

要望書の作成にあたっては、これまで議員団一同で、それこそ数ヶ月にわたり、何十回もの打合せを行ってきました。また私、木下もこのプロジェクトチームに加わることができ、横浜市政を横断的に調べることができました。みんなの党の要望書の特徴は、まず何といっても財源論を明確にしたことです。財政が厳しい中で、あれもこれもと要求ばかりを並べても、実現性に乏しい、無い物ねだりのパフォーマンスになってしまいます。

私たちは、こうした風習から一線を画し、増税や市債増発によらない財源確保のための取り組みをまず行っていくことを基本的な考え方とし、財源の裏付けをもった形で、多くの要望事項を伝えていく形にまとめていきました。

財源も無いバラマキや数多くの利権の奪い合いといったものが、今の政治の機能不全や財政危機をもたらしました。計画的かつ大胆に新しい予算編成を行っていかねば、大都市横浜と言えども決して安泰ではありません。本要望が横浜をもっともっと元気に変えていくための一つの大事なステップとなることを期待します。

予算編成における基本的な考え方

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件